2017 ハワイ オアフ島 de いけばな  2017.9.06~13

中国‣海南島、スペインに続いて、海外でのいけばな研修、ハワイ編です。

今回光風流からは、内藤正風家元と菅生が出かけました。

9月6日仕事を終え、足早に空港へ。

夜出発のため用意はして出社したものの、朝から落ち着かない一日でした。(きちんと仕事はしましたよ! したはず…です)

3年振りに海外でのいけばな研修、海南島とはまた違ったどのような南国の空気に触れることができるだろうの期待と、初めてのハワイに不安を胸にフライト8時間🛫🛫🛫

長いようで短い時間でした。


ハワイのお出迎えは、やはりレイ

空港に着いたら、飛行機からバスに乗り換え、入国手続きへ🚍

荷物をピックアップして、外に出ると今回お世話になるパロロ観音寺の松本恵心住職より、レイで歓迎をしていただきました。

レイをかけていただいて、やっぱりハワイに来たんだなぁ~と実感しました。(写真がなく、残念)

到着がお昼でしたので、9月6日二回目の昼食をいただきながら、今回の打ち合わせをしました。

多くのお客さんで賑わうお店で、美味しい中華料理に舌鼓を打ちました。


ホテルにチェックイン後

スマホを使えるように現地のSIMカードを購入。

しかし、自分のスマホのパスワードを忘れ、SIMカード交換のみでは使えず、新しいスマホ購入することに。しかも日本語のラインは入ってくるが、日本語を打てないというトホホなことになりました。

メインの通りに面していないホテルですが、ビーチ、ハワイアンセンター、アラモアナショッピングセンターなど徒歩圏内で快適です。まぁ日本では歩かない距離ですが。

ホテルの周りを散歩しても、ストレチアやモンスレラが生えていたり、南国の植物も身近に接することができます。


壁下塾長ファミリー&秋山美華さんと合流

今回光風流からの参加は少なかったですが、マックスブログ塾の壁下塾長ファミリーとご一緒、ブライダルのお仕事をされている秋山美華さんと合流し賑やかなハワイでの日々が始まりました。


写真がなく残念ですが、一緒にバーベキュー

アメリカンサイズのめちゃめちゃ大きいお肉を、これまた大きなお月様の下で、焼いてみんなでいただきました! 

パールハーバー・アリゾナ記念館へ

       ↑

分かり難いですが記念館までの船に乗ってます。

ハワイ 真珠湾に戦艦アリゾナがあります。

1941年12月7日、日本による真珠湾攻撃で、日米が本格的に第二次世界大戦へと参戦。アリゾナ記念館は、真珠湾攻撃を記憶する慰霊施設となってます。

朝7時30分から見学ができるので、ホテルを暗い内から出ましたが、記念館前にはもう列が出来ていて驚きました。

先ずビジターセンターのTheaterで映画(真珠湾攻撃などの)を見たのち、海軍のボートで向かいます。

アリゾナ記念館は、沈没した戦艦アリゾナの上に十字架になるように建っています。

日本人にとってはちょっと行き難い所かと思いましたが、日本語のガイドもあり、訪れる方も多いのだと思いました。

この白い建物(アリゾナ記念館)の下に戦艦アリゾナが見えます。


いけばなセミナー ~パロロ観音寺にて~

今回の重大な目的のひとつ、いけばなセミナー in Hawaii 

6日のお昼に、空港でお出迎えいただいた松本恵心住職の『パロロ観音寺』にて、いけばなセミナー開催です。

前日にお花屋さんで購入したお花を抱えて、伺いました。

静かな住宅街のなかに、パロロ観音寺はありました。

到着後、「好きな器を選んで」って住職に連れられてお部屋に行くと、こちらの方はお花を活けることをとても楽しんでいらっしゃるのでしょう、大小様々たくさんの花器が並んでおり、選ぶのに困るくらいでした。

家元先生は立花、私は投入を活けることにし、それぞれ器を手に用意していただいたテーブルにつきました。

受講生は、壁下ファミリーと松本住職のこじんまりとしたセミナーとなりました。

      ↑

  家元先生が、活けられたお花の説明をされています。

  ↑

 私もいけましたよ。

 風邪をひいて、さんざんでしたが、何とか投入を活けることがでしました。

 私が枝をためているとき、「それは私には出来ない!」と少し驚かれることに、私が驚きました。


活けあがったお花は、お供えさせていただきました。

住職より、パロロ観音寺のお話も伺うことができ、有意義な時間でした。

この日の朝は、赤ちゃんのお参り(お宮参りのような)が行われたり、玄関先には中国の仏様?が置かれていたり(中国の方が置いて行ったとか)、お寺の懐の深さを感じました。


順次アップしてゆきますので、お楽しみいただければ幸いです